PCの最適化 デフラグの方法

先ほどのチェックディスクに加え、ハードディスクの寿命を延ばす為のメンテナンス方法としてデフラグの方法を紹介します。
正式な名称はデフラグメンテーションと言いますが、日本語では「最適化」と呼ばれることが多いメンテナンス方法です。

実際に、デフラグ(最適化)とはどのようなものかをまず簡単に述べておきます。
記憶装置としてハードディスクには毎日新しいファイルを書き込んだり、削除したりしていますが、この際削除されたファイルがあった領域には穴のようなものが出来てしまうと考えて下さい。
この穴が開いた現象をファイルの断片化と言います。

これらを日々繰り返していると、ハードディスク内が穴だらけになってしまいますね。
構造上、そのようになっても支障はないのですが、穴ぼこのハードディスクの場合、一つのファイルにアクセスし、読み書きを行うのに時間がかかってしまいます。

こうなってしまうと、パソコンの動作スピードが落ちる原因にもなりますし、HDDが余分な動作を強いられる為、寿命を縮めてしまう要因にもなるのです。

これらの穴を綺麗に埋め、ファイルを整理してくれる作業がデフラグ(最適化)となります。
作業と言っても、Windowsに標準搭載されている機能ですので、手順さえ覚えてしまえば簡単です。

デフラグのやり方解説

Windowsでデフラグを行う手順は、先ほど説明したチェックディスクとほとんど同じなので、すぐにできると思いますが、PC購入後始めてデフラグを行う場合、非常に時間がかかってしまう可能性がありますので、初回のみ時間が十分取れる時間に行うようにしてください。

1.パソコンのデスクトップに表示されているアイコンの中から「マイコンピュータ」をクリック。

2.チェックディスクを行いたいハードディスクを右クリックし、「プロパティ」をクリック

ハード ディスクドライブ

3.上記のタブから「ツール」をクリック。

ローカルディスクのプロパティ

チェックディスクとは別に、画像の水色枠で囲んだ「ディスクのクリーンアップ」は、不要なファイルを掃除し、HDDの容量を確保してくれる機能なので、ハードディスクの寿命とは直接関係はないですが、こちらも定期的に行っておくとよいでしょう。

4.エラーチェックの「最適化する」をクリック

ディスクの最適化

6.デフラグ(最適化)が自動的にスタートします

デフラグを行う場合は、一時停止や中止することが可能ですが、ハードディスク内を整理する作業ですので、パソコン操作をやめ、PCはそっとしておいた方が良いでしょう。

諸刃の剣にもなりえるデフラグ

ハードディスクの最適化を行うデフラグですが、必ずしも良い面ばかりではありません。
デフラグによってHDDの寿命を延ばすことが出来るものの、デフラグをする際にHDDに大きなアクセス負荷がかかりますので、HDDから異音が聞こえる場合や、動作が非常に遅い場合など、明らかにハードディスクの調子が悪いと感じる時は、デフラグを行うのはやめておきましょう。

中には、ハードディスクの調子が悪い時にそれを改善する為デフラグを行い、それがハードディスクにとどめをさしてしまった事例も聞いたことがあります。

およそ2週間〜1ヶ月程度に1回、チェックディスクと合わせて定期的に行いましょう。

おすすめ最適化ツールの紹介

上記の手順通りにデフラグ作業を行っても構いませんが、ディスク内で起こったエラーを自動的に修復してくれる「チェックディスク」と「デフラグ」を続けて行ってくれ、すべての作業が終了した時点で自動的にパソコンの電源を落としてくれる便利ツール「すっきり!!デフラグ」というものがあり、利用することで楽にハードディスクのメンテナンスを行うことができます。

「すっきり!!デフラグ」の詳細な使用方法は後ほど詳しく解説いたします。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

ハードディスクの知識
サイト内検索
NAVI