外付けハードディスクの存在

PCの内部に予め搭載されているものとは違い、外部に備え付けるパソコン拡張パーツの一つ、外付けハードディスクは利用されている方も多いと思いますが、基礎講座ということなので解説しておきたいと思います。

購入時に内蔵されているハードディスクは記憶できるデータに限りがあり、ずっと使い続けると不要なものが溜まってきたり、写真や音楽を沢山保存すると徐々に容量が一杯になってきます。
その際、外部のDVD-Rなどに焼いて保存しても構わないのですが、時間がかかりますし、面倒な点が多いと思います。

そんな時に数多く存在するPCパーツの中でも比較的容易に導入することができるのが外付けハードディスクであり、安い値段で大きな追加容量を確保することができます。
ほとんどの場合、USBケーブル一本で繋ぐだけですから、パソコン初心者の方でも安心して使うことができるでしょう。

非常に幅広い用途に使えるのが特徴

記憶容量の拡張パーツとして外付けハードディスクは利用されますが、ケーブル一本で楽に取り外しできることから持ち運ぶことも出来るというメリットがあります。

基本的に、持ち運びを前提とした外付けのHDDはその分頑丈に作られていますが、小さな容量のファイルを少し持ち運ぶ程度であれば、フラッシュメモリ等の方がその用途にマッチしているので、わざわざ頑丈な作りのものを購入する必要はないと思います。

また、最近では少々値は張りますが、iPodなどの大容量音楽プレイヤーにもハードディスクが内蔵されており、同様の使い方ができますので、データ持ち運びツールとしても使うことができるでしょう。

物理障害には非常に弱い外付け

しかし、パソコンの内部にあるものに比べると、外部に置かなくてはならない分、倒したり、落としたりするとすぐに故障してしまいデータが消失すると言ったデメリットもあります。

デスクトップパソコンの場合、予め内部に追加でハードディスクを挿入出来るスペースが用意されている場合もありますから、データ保存容量を増やしたいと考えたい場合は、内蔵のものを選択するか、外付けのものを選択するかをまず選びましょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

ハードディスクの知識
サイト内検索
NAVI