HDD故障の原因を探る

使っていたHDDが故障した場合、まずは慌てずにその症状を確かめることの大切さを書きました。
次に行うことは原因の救命です。一体どのような要因で故障に至ってしまったのかを探ることによって修理方法や、どのように対処すべきかを考えることができます。

今回の内容と同様に、「ハードディスクが故障する原因は?」も合わせて読んでおくと何かの役に立つと思います。

ハードディスクが壊れた原因を書きだしてみる

まずはとにかく「これがきっかけで故障したのではないか?」と思えるものを書きだしてみることです。ケースによって様々なハードディスク故障の原因が考えられると思いますが、大きく分けるとその要因は意外と限られています。
今回は、いくつかの例を挙げてその要因を考えてみましょう。

1.物理障害による破損
ノートPCを落としてしまった、外付けHDDを倒してしまったなど、物理障害によって壊れてしまった場合、読み込みはおろか、書き込みやデータにアクセスすることすらできなくなる場合があります。
この場合は、ハードディスクのデータ復旧による救済がベストな手法になるでしょう。

2.寿命や熱(温度)による故障
最も多いと思われるのが、純粋に使いすぎによる寿命や、高温の部屋の中でコンピューターに高負荷な動作を続けたことが原因でパソコン内部の温度が上昇したことによる故障でしょう。

PC内部の温度上昇による、HDDの熱暴走を続けると、故障の直接的な原因になるのはもちろんのこと、寿命をどんどん短くしてしまう要因にもなります。
寿命を少しでも長く伸ばす為に必要なHDDのメンテナンス法をご覧ください。

この場合もハードディスクの救済は可能な場合があります。

3.怪しいサイトを見る機会が多かった
海外のサイトや、いかがわしいページなどを見る機会が多かった場合、またはファイル共有などを頻繁に行っていた場合に考えられるのは、ウイルス感染です。
悪質なインターネットウイルスであった場合、HDDの内容をすべて消去してしまうプログラムが組み込まれている可能性もあります。

この場合は、ハードディスクが物理的に故障したわけではなく、書き込まれていた内容が強制的に消されただけですので、HDDをフォーマットして初期化する必要があります。
場合によっては、データの断片が残っている可能性がありますので、ハードディスクデータ復旧 サルベージが有効となる場合もあります。

故障の判断を下す前に行うこと

ハードディスクの故障の原因は大きく分けて上記の3つに当てはまることがほとんどです。
「物理生涯」、「寿命」、「ウイルス」のどれにも思い当たる節がない場合は、もしかするとHDDは故障していないかもしれません。

というのは、一見ハードディスクが故障したように見えても、実は他の部分が壊れているというような「勘違い」は良くあることです。

PCを起動してもHDDが認識しなかったり、外付けハードディスクの動作がおかしいと思った場合、実は接続がしっかりとできていなかったり、USBケーブルが故障しているというケースは意外と多いようです。

PCを2台以上持っている方であれば、外付けHDDを他のPCで起動させてみたり、長きに渡って使い続けているUSBであれば、新しいものに変えてみるなど、本当にハードディスクの故障なのかどうか再確認してください。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

ハードディスクの知識
サイト内検索
NAVI