ハードディスクのデータ復旧を考える

これまでに、様々な故障の要因をチェックしてきましたが、最終的に間違いなくハードディスクが故障している、データの読み書きが不能であると判断した場合、第一に考えられるのはデータ復旧です。

データの読み込みはでき、故障したHDDからデータを取り出すことはできるが、新たに書き込み(追記)だけができない場合は復旧の必要はありません。
HDD内部のデータをすべて取り出して他のハードディスクなどの記録媒体にコピーを取り、故障したものをフォーマットして初期化すれば再び書き込み可能な状態へ戻すことが出来る場合があります。

詳しくは「自力で出来る復旧方法」をご覧ください。

データの読み込みができず手も足も出ない状態

ディスクに書き込みができなくなっただけであれば、既に書きこんでいるデータをコピーしてバックアップを取り、最悪の場合でもハードディスクを買い換えれば問題ありません。

しかし、問題なのは「読み込みができない」、すなわちハードディスクにアクセス出来ずデータが完全に孤立して取り残された状態です。

この場合に行われるのが、ハードディスクデータの復旧、救済、サルベージと呼ばれる作業で、お金には代えられない大切な保存ファイルを取り出すことができます。

現状では、自力で復旧作業を行うことも可能ですが、サルベージを専門としている業者も沢山存在しますので、少々のお金を支払っても大切なデータを安全に取り出したいというのであれば、HDDはそっとしておいて、業者にすべて任せてしまいましょう。

ハードディスクのサルベージを行っている業者に依頼する場合は、下手に自分で修理しようとせず、何も弄らない状態で手渡すのが最も復旧率が高いです。

最悪の場合すべてのデータを失っても構わないから自分で救出作業をする場合は、自己責任においてフリーソフト市販のソフトを使用して復旧を試みて下さい。
通常の方法ではデータにアクセス出来ない場合も、専用の復元ソフトウェアを経由してなら、ハードディスクの内部にアクセスすることができます。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

ハードディスクの知識
サイト内検索
NAVI