外付けハードディスクを活用する

もう何度も出てきている名前ですが、私が個人的におすすめしている無料ソフト「すっきりデフラグ」と同様に、外付けハードディスクの導入も強く推奨します。

外付けHDDは、言い換えるとと記憶容量拡張装置となるのでしょうか。
音楽データやデジカメで撮影した画像ファイルなどが溜まってきて、段々とPC内部のハードディスク容量が一杯になって来た場合などに、外部に取り付けるHDDを別途購入し、記憶できる容量を拡張することを目的としたPC周辺機器の定番商品です。

取り付けは非常に簡単で、ほとんどの製品がUSBケーブル1本でつなぐことができます。

外付けハードディスクの認識

画像は、外付けHDDを繋いだ後の「マイコンピュータ」の状態です。
それぞれ、始めから内蔵されているCドライブと、新たにUSDで繋いだ外部のEドライブが認識されていることがわかります。

バックアップを取る時も、この画像で言うEドライブにデータをコピーするだけで良いですし、Cドライブが一杯になってきたら、Eに移動させるというような使い方もでき、非常に使い勝手の良い拡張パーツと言えます。

外付けハードディスクはそれ程高価なものではなく、大体購入したPCに搭載されている内蔵HDDの1.5〜2倍程度の大容量のもので、2万円前後が相場ではないかと思います。

定期的な買い換え、データの乗り換えを

ハードディスクは常に故障、そしてデータ消失の危機にさらされており、いつそれがやってくるのかわかりませんが、データが一瞬にして消えてしまうことによる損失は計り知れません。

寿命がやってくる前に、外付けハードディスクなどに重要なファイルをコピーし、バックアップを取っておく。そしてその外付けの寿命が来る前に、また新しいものを購入しデータを移動させるという定期的な買い換えと乗り換えこそが有効かつ最も効率的なバックアップ方法と言えるでしょう。

万が一HDDが故障しても、現在はハードディスクデータ復旧サービスによってサルベージを行えば、アクセス出来なくなったものからデータを救出することなどができますが、ほとんどの場合業者任せになってしまう為、非常に高い料金が必要になってしまいます。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

ハードディスクの知識
サイト内検索
NAVI