バックアップに使えるアイテム

最もおすすめするのは、新しい外付けハードディスクをあらかじめ買っておき、ファイルのコピーを写しておくことです。
外付けのハードディスクをバックアップの保管用として2台、3台と持っておけばデータを失ってしまう可能性はほぼ0%と言えますし、もしも現在使用中のHDDが故障したら、バックアップ用のものと入れ替えればよいので非常に楽ですね。

しかし、他にもバックアップの記録媒体としておすすめ出来るものはあります。

1.DVD-RやCD-R、ブルーレイディスクなど
外付けハードディスクではない外部記録媒体として最も代表的なのが、DVD-RやCD-Rなどの類です。
これらは一枚に記録できる容量こそ少ないですが、耐久性が高い為書きこんだ後はハードディスクに比べデータが消えてしまう可能性は低くなります。

おすすめするのは、追記やデータ削除が可能なDVD-RWやCD-RWなどです。

2.iPodなどの大容量音楽プレイヤー
最近は、音楽を聴く際もiPodをはじめとするデジタルプレイヤーを活用する人が増えてきました。
デジタルプレイヤーの特徴は、内部にHDDが搭載されていることであり、モノによっては記憶可能な容量も大きい場合があります。

音楽プレイヤーだからと言ってすべて音楽ファイルで埋め尽くしてしまう必要はなく、ほとんどの製品がデータの持ち運び用としても活用できるように設計されていますから、バックアップ用のファイルを一緒に持ち運ぶという方法も一つの策として考えられそうです。

3.ソーシャルブックマークサービス
ブラウザのお気に入り(ブックマーク)は、前回エクスポートを用いた方法を解説しましたが、無料のウェブサービスである「ソーシャルブックマーク」もバックアップとして使うことができます。

Yahoo!ブックマークなどがそれにあたりますが、元々はウェブ上にブックマークの一覧ページを作り、自分のブックマークを公開して面白いサイトやページなどを皆で共有し合うことを目的として作られましたが、他の人には見られない非公開設定にすることもできますので、プライベートなお気に入りのバックアップデータ保存場所として活用することも出来るでしょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

ハードディスクの知識
サイト内検索
NAVI